テーマ株について

2021年10月22日

株式投資にはチェックすべき情報がたくさんあります。個別銘柄の情報はもちろん、市場の傾向や社会現象など、自分の投資スタイルに合った情報を追っていく必要があります。

その中でも特に短期急騰の可能性を秘めているのがテーマ株です!

もちろん賛否両論なところもありますが、意識的にテーマ株の最新情報を追っていけば、資産を大きく増やせるかも知れません。ということで、ここではテーマ株の探し方やメリットデメリットなどをご紹介します。

そもそもテーマ株とは何か?

テーマ株とは、その名の通り「とあるテーマ」に基づいた銘柄の集まりです。例えば、すこし前の話になりますが「ポケモンGO」は印象に強いです。

「ポケモンGO」とは、任天堂からリリースされたゲームアプリです。リリースから間もなく世界的に大ヒットを記録し社会現象にまで発展しましたが、任天堂をはじめとしたあらゆる関連企業の株価が上昇しました。(ポケモンのキャラクターパンを作っているというだけで買われた銘柄もあったとか…。)

その他で言えば「5G」「コロナワクチン」など、その時々で話題となっているものがテーマとして上がり、関連銘柄が注目される傾向にあります。

そんなテーマ株の特長と言えば、やはり短期急騰の可能性が高いことです。

テーマ株の特長とは?

テーマ株は、そのテーマ性の市場規模や話題性によって、株価が何倍にも膨れ上がる可能性を秘めています。特に今後の社会において需要が高まるテーマに関しては膨大な資金が集まる傾向が強いです。中には株価が何十倍にも膨れる銘柄も…。

例えば、先ほど例に挙げた「ポケモンGO」で言えば、任天堂と提携していた「DeNA」や、ポケモンのおもちゃ化の権利を持っている「タカラトミー」などが関連銘柄として買いが集中しました。

その他にも、ポケモンのキャラクターを用いた菓子パンを出している「第一パン」や、少しこじづけ感ありますが、似たシステムを使ったゲームアプリをリリースした「モバイルファクトリー」も、投資家たちの注目を大きく集めました。

その中でも特に大きな動きを見せたのが「イマジカ・ロボットホールディングス」です。同社の子会社は「ポケットモンスター」のテレビ・劇場版アニメーションを手掛けていますが、「ポケモンGO」リリース後、関連銘柄の筆頭として大きな注目を集め、何とその株価が最高値で2倍以上に膨れ上がりました!!

仮に「ポケモンGO」のリリース後に同社の株価を買っていたら…想像するだけで胸が躍ります。

もちろんこれは数ある中のひとつの例に過ぎません。ただ、テーマ株に共通して言えることは、話題が集まってからの爆発力がとにかく半端ではないことです。いかに先回りして初動から乗れるかがテーマ株で大勝するカギと言えるでしょう。

テーマ株の種類

テーマ株の種類は数多く存在します。その中でも特に注目すべきは今後社会で需要が高まるテーマです。今後社会で需要が高まるテーマを幾つかご紹介します。

  • コロナ治療薬関連銘柄
  • 5G関連銘柄
  • タッチレス関連銘柄
  • 半導体関連銘柄

上記はあくまで個人的な予想になりますが、先ほどお話しした通りテーマ株の種類は他にもたくさんあります。一般的にテーマ株として注目されている銘柄については「コチラ」にまとめているので気になる方はぜひ見てくださいね。

テーマ株の注意点

ここまでテーマ株の魅力についてお話ししてきましたが、もちろん気をつけなくてはいけないポイントもあります。例えば、テーマ株の最大の特徴である爆発力ですが、逆もまた然りで、話題がなくなってからの下がり方もなかなかエグいです。

ですので、テーマ株では売りのタイミングを誤ってはいけません。もしかしたらまた上がるかも…と思って保有していたら大変な目にあるかもしれません。

〇倍になったら売る、という自分ルールを作って運用することをオススメします。