【テーマ株】全固体電池関連銘柄に注目

テーマ株で重要なのは話題性です。特に世界的に注目される革新的なサービス、または社会問題などは、その期待値も抜群と言えるでしょう。

そんなテーマ株を軸に投資を行っている人は、日ごろから次に話題となるテーマ株を発見しようと情報収集に励んでいるかと思います。

私もそんな1人なわけですが、ここ最近で気になっているのは「全固体電池」です。近年、リチウムイオン電池が注目を集めていましたが、この全個体電池というのもはリチウムイオン電池を大きく超えるスペックを秘めているようです。

全固体電池とは?

全固体電池とはいったい何か?そう思った方も多いはずです。簡単に説明するとこれまで液体だった「電解質」という電池の中身を固体にしたというものです。なんだ液体が固体になっただけか、とその仕組みだけだとあまり凄みを感じないですが、そのスペックは従来の電池を大きく超えるものになっています。

ざっくり大きなポイントだけまとめると

  1. 構造や形状を自由に加工できる。例えば超薄型にしたり
  2. 大型容量化
  3. 頑丈でいて且つ寿命がとにかく長い
  4. 高速充電

といったところでしょうか。つまり簡単に言えばリチウムイオン電池の上位互換というわけです。

全固体電池の今後は?

この全固体電池が普及すればあらゆる製品にとって革新的なものとなるでしょう。特に大きな影響を受けるのがEV自動車です。販売台数も桁違いに跳ね上がるでしょうね。

そんな中で早速というか気になるニュースを見つけました。あの日産が2兆円もの資金投資と全固体電池をひっさげ、電気自動車(EV)シフトで先を行くと発表したのです。この取り組みをきっかけに全固体電池への注目はさらに加速するかも知れませんね。

全固体電池関連銘柄一覧

個人的にかなり注目している全固体電池ですが、このテーマに関連する銘柄をまとめてみました。どれを買うかまだ迷っていますが、取り急ぎ気になるものをピックアップしています。

  • 【7203】トヨタ自動車
  • 【6981】村田製作所
  • 【5019】出光興産
  • 【6762】TDK
  • 【5706】三井金属
  • 【7004】日立造船
  • 【5218】オハラ
  • 【3891】ニッポン高度紙工業
  • 【6584】三桜工業

全固体電池まとめ

昨今「脱炭素」への取り組みが加速していますが、特にガソリン車からEV(電気自動車)をはじめとした電動車へのシフトが進んでいます。現状として車載用の電池としてはリチウムイオン電池が主流ですが、次世代電池の最有力候補となる全固体電池への期待は今後さらに高まっていくことでしょう。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ